自分自身で治せるタイプもある!?治療が必要な包茎3タイプ

早急な治療が必要な真性包茎

世間一般に包茎と聞いて思い浮かべるのがこのタイプではないでしょうか。真性包茎は文字通り、亀頭の先端まで常時包皮がスッポリ覆ってしまっている状態で、これは最大限勃起した状態でも変わりません。ですから包茎の中で最も包皮の内部が汚れ易く、後に様々なトラブルを引き起こしてしまう可能性が大きいのです。自分が真性包茎である事を自覚したら、まずは自分自身の今後の為に治療をする必要があるでしょう。むしろ開き直って医師に相談出来るタイプかも知れませんよね。

程度によっては自力で克服可能な仮性包茎

仮性包茎は通常時には包皮が亀頭に被っているものの、勃起時、あるいは手によって抵抗無く包皮が?け亀頭を露出出来る状態のものを言います。仮性包茎の程度はかなり幅広く、例えば勃起時に完全に包皮が剥ける状態であれば、普段から衛生に気を付けていさえすれば特に治療しなくとも問題はありませんし、勃起時でも包皮が剥けず更に手によるアシストが必要な状態であれば、衛生面も鑑みて治療がベターなケースもあるといった具合です。いずれにせよ自分の状態がどんなであるかをチェックした上、気になる状態であれば医師の判断を仰ぎ、治療の有無やその方針を決めるのが良いでしょう。

強い痛みが伴うカントン包茎も治療が必須に

カントン包茎の事情は若干複雑で、勃起していない状態であれば包皮を剥く事は出来るものの、その状態で勃起させてしまうと包皮が突っ張り痛みを感じたり締め付けられる様な感触を覚える様になります。もちろん勃起時に包皮に余裕が無い事が原因で、包皮が剥けたまま勃起し元の状態に戻らないと、激しい痛みや締め付けによるうっ血といった危険な症状に陥るリスクも大きいもの。こちらもやはり治療必須のタイプとなります。現在の包茎治療はごく短時間で痛みも殆ど無いものですから、気になれば積極的に治してしまうのが正解でしょう。

子供の体は成長途中なので、性器が包茎であっても自然に解消されます。その一方で尿などの汚れが溜まりやすいので、包皮を傷つけないように後退させて洗浄することが保護者の責務です。