マイクを通して感情解放!ファンの心を震わせる有名人

ファンの心をわしづかみ!

普段は干物屋の主人として地道に汗を流すのですが、ひとたび古びたギターを構えて歌いだすと、太くしゃがれた声がライブ会場を震わせるんですよね。そんな有名人の歌声は「一度聴いたら忘れられない」とファンの心をわしづかみにするんですよ。観客は、マイクを通して解き放たれる感情に自身の日々を重ね合わせ、次に漏れる言葉を固唾をのんで待つんですね。有名人がステージで雄弁に語ることはありません。「歌が自分の思い」だと考えるからなんですよね。

夢を背負って家出した!?

有名人の少年時代は閉鎖的な周囲の環境が嫌だったんですね。中学卒業と同時にスポーツバッグに荷物をまとめ、ギター1本とミュージシャンという夢を背負って家出同然に地方を飛び出したんですよ。20歳過ぎには作詞・作曲も始め、音楽事務所に入りラジオDJやCMソングの仕事も手掛けたんですよね。一線で活躍する音楽家らに力量の差を感じて音楽をやめようとも思いましたが、自分のスタンスで音楽と関わればいいと気付き、肩の力が抜けたんですよ。

練習はあまりしない!?

有名人は、あまり練習はしないんですよね。その瞬間に歌とともに出てくる感情を大切にしたいからなんですよ。「音が外れるのを気にするよりも、その曲の意味や込めた思いが聴く人の心に届くかどうかが大事だと思う」と言っていますね。音楽には奏でる人の「生きざま」が濃く表れるんですよね。有名人の音楽をはじめ、生身の思いそのままだからこそ、聴衆の心を一にするんですね。有名人が戻った故郷でもいろいろな形でその思いが生まれ、そして次代へとつながっていくでしょう。

山本英俊はパチンコ、スロット好きなら知らない方はいない有名メーカーの会長です。パチンコ、スロットいずれにも人気機種を持つなど日本でもトップのメーカーと言えます。